リフォームや注文住宅、宅地造成などの住まいのあれこれ

概要

reform

リフォームとは戸建て住宅や賃貸アパートやマンション、あるいは商業店舗、オフィスビル等の内装や外装を改装することである。英語ではリノベーションがこれに相当するが、日本でリノベーションという言葉を使うときは、大改装するときである。
そのため日本でリフォームという場合には高度成長期の1960年~1990年代に建築された物件の設備が、現在の主要設備とは大きく異なることから、最新の設備やそれに近い設備を導入して新しい性能や機能を加えたり、内装の壁紙を張り替えたり、老朽化した外観を修復したり見栄えを良くするなどが主である。
注文住宅のように家族構成やライフスタイルに合わせた住まいを設計出来る。

内装

atarasiku

内装リフォームでは主に水まわり部分のキッチン、トイレ、浴室、洗面所・着替え室などが施工対象になることが多い。一例としては、物件の購入時に備えてあったシステムキッチンが現在の生活様式で必要な機能が足りていない、水洗トイレの機能に洗浄機能、節水機能など他の性能や機能が必要となった為などが挙げられる。

また、壁紙や設備の一部を変更することもリフォームとして行われており、施工期間中は住宅とは別の場所で生活することが一般的である。

外装

外装リフォームとは施設の外装部分に補修したり、見栄えを良くすることも含まれている。一般的には築年時に外壁部分に施されている保護塗料の剥離や劣化への対策として塗料を塗り替えることが多く、建築物の耐水性や防汚、紫外線対策、美粧などのために行われる。
おおよそ10年~15年に一度塗り替えるのが基本であるが、使用する塗料によって耐久年数が異なる。
最も長期間効果を発揮するのはフッ素樹脂塗料で15~20年、シリコンセラミック塗料で13~15年、シリコン樹脂塗料では12~13年、アクリル樹脂塗料は5~6年、合成樹脂調合ペイントでは3~5年である。この外装リフォーム中にも住宅で生活することができる。